コーヒーショップのはなし


10年も前に旅行をしたときのはなしです。長距離バスに乗って、カナダのトロントからニューヨークに行くことに。こんなに長い時間と長い距離をバスで移動したのは初めてのことで、多分10時間以上乗ったのだと思う。途中、アメリカに入る時に入国も兼ねて休憩、それからしばらく走ってから、また休憩をしたと思うのだけれど、そこは高速から降りたのかどうだかも覚えていない。とにかく周りになにも無くて、ただ広くて白い建物のコーヒーショップと駐車スペースがあって、その場所で休憩をすることに。そこで食べたドーナツとコーヒーが仕方の無い味で、何でここなのかと思った所で、記憶を美しく解釈すればバグダッドカフェのように思い出せなくもないのだけど。
d0082466_1135061.jpg


その時乗ったグレイハウンドのバスでの小さな出来事がどうしてだかとても強烈で、こんな天気に、このお店から見える風景はその時のことをふと思い出させてくれるのです。
この場所をとても気に入った理由の1つに、その時のロケーションと、ここがどことなく似ていたということがあるのです。ここから見ると見慣れたジョモやジョイフルの看板も少しだけ違って見えるのです。
[PR]
by aulico | 2006-09-04 20:57 | お店のこと
<< トントントン。 コーヒーのこと >>