MARKING PIN

いつも見慣れたモノをいつもと違う場所に置いてみたら、待ち針がより針らしくなった。そんなことはありませんね、針はただの針です。針の取り忘れが音で分かる様に先が鈴になってます。うっかりする人、うっかりしない人、どちらの人も、最後の仕上げはやっぱり手で確認する。こんなことをしてたのはきっと昔のことか、手仕事にとっても近いことをしてるとこなのかなと思う。検針機という感度のよさそな機械もあるし。これも、元々は大きな工場にあったものが、箱入りでそっくり私たちのとこにやってきた。初めて使った時は、生地が動くたびに音がして仕事がはかどった気さえした。いつもより少し多めに待ち針を使ったり、何でもないただの鈴なのに、案外盛り上がるもの。実際の仕上げでリンリンの音を発見した時は、しまったような、ちょっと嬉しいような気分になるのだけど、そんな複雑な機会はなかなかやってこないもの。お店の棚にも並べて販売してるので、見つけたら耳元でそーっと振ってみて下さい。d0082466_19504897.jpg
[PR]
by aulico | 2006-09-10 20:18 | 商品
<< 都城の観光~青井岳編~ ブルートコンテナ >>