カテゴリ:宮崎( 13 )

white bear

d0082466_22525156.jpg
南国特産の「しろくま」を先日見つけていたので、今日みたく天気のいい日に食べてみることにしました。
なんてことないカキ氷に、みかんとかさくらんぼなどが、ちょろっと散りばめられたアイスです。
もう少し季節が夏に近づくとあちこちで『しろくまあります!』なメニューが登場します。
たまに「あかくま」「くろくま」なんてのもありますが。
このしろくまは、アウリコの近所にあるデーリィ牛乳が出してるものです。
「しろくま」のしろの部分が、ミルクなんです。きっと。
デーリィの牛乳のパッケージも僕は好きなのですが、これもパッケージが好みで手に取りました。

実際食べてみると、ひとりでは食べきれない程の量が、いっそう夏の盛りを待ち遠しくさせます。
サイズでいうと、小さなホールケーキくらいあるんじゃないかと思います。
氷の量にたいして、ひかえめなフルーツの分量も愛しやすさの理由です。

真夏の日に大勢で食べるときっとおいしいんだろうねって、僕と奥さんと2人で何とか食べたのでした。

それから、明日14日はお休みを致します。
[PR]
by aulico | 2007-05-13 22:56 | 宮崎

あったか

d0082466_229243.jpg

仕事場では、ストーブを使っていて十分に暖かいと思ってるのですが、暖炉は種類の違う暖かさがしますね。
薪がパチパチと音を立てるたびに、温度が上がっていくような感じがしました。

d0082466_22381869.jpg本日のメニューは、サラダ、昆布巻き、チキン南蛮、煮物、ご飯、味噌汁でした。
お店を出るときには、お風呂上りみたいにあったかでした。
[PR]
by aulico | 2007-01-05 22:44 | 宮崎

最後の昼餐(ちゅうさん)

「男はつらいよ」シリーズ第45作が、来年の初めに放送されるみたいです。
ロケ地が宮崎なんです。
お正月に見ようかと思います。
お正月が、よりお正月らしさを増します。

だからというのではないですが、その近くで本日昼食を頂きました。
古い商家で、出されるそのランチは、いろいろな点でとても僕の好みでした。
今日、友人に誘われて初めて行ったのですが、今年の僕が選ぶランチランキングでは、間違いなく上位に入ってきますね。
観光地にあるのですが、年末だということもあって静かなものでした。

通された広間の陽射しが気持ち良かったのですよ。

今年、『最後の昼餐』と呼びたくなるほどに良かったってことなのです。
d0082466_2030288.jpg

[PR]
by aulico | 2006-12-29 20:30 | 宮崎

スプリンクラーの音

d0082466_15313618.jpg
雨が降らないというのもだんだん困ったことがでてきますね。まず、ホコリや砂や灰やらがよく飛びます。僕は最近になって、自分が花粉症になったと気付いたんです。一回気になると、目の前に見える強風と一緒になって舞うホコリやらがものすごく気になってしまいます。それと、先日行った神社のお水も枯れてました。山が水を含んでないからだそうです。仕事でお世話になってる洗い屋さんも、地下水を使ってるので心配です。そろそろ雨が降ってもよさそうなんだけど。

最近は、雨が降るときは大雨が降ることが多い気がします。ちょうどいい感じで降る雨は、これからは『貴重な天気』になってしまいそうですね。
ランチに行ったら「シュンシュンシュンシュンッ」とスプリンクラーが散水してました。
気持ちいいんですよ。乾燥したスプリンクラーの音。一気に水がしみていく感じ。土と草のにおいが辺りにして、少し肌寒い感じがとっても秋を感じさせてくれます。
シャッター押す時、うっかり近くに寄り過ぎて、僕にまで水がうっすらとしみてきました。
[PR]
by aulico | 2006-11-09 15:49 | 宮崎

グロッサリーショップ

急に寒くなってきたような気がします。
宮崎だから、寒くないって思ったらいけません。
外なんかだと、あんまり長い時間だと夕方ぐらいには、ぶるっとしますね。
だんだん、風も冷たい気がしてきましたよ。
そんな日にまた炭酸飲んでみました。d0082466_20344774.jpg
この前の、地サイダーの次にまた、頂いたんです。(いつもありがとうございます)
地ベビーコーラです。小ちゃい容器で、120ミリくらいのサイズです。
この辺りでは、駄菓子屋などに昔はあって子供用コーラみたいに僕は思ってました。
20年ぶりに口にしました。味はコーラ味のアイスみたいとでもいうか、コーラ風味。
懐かしさ、さえも感じさせないほどに、コーラ味がして、いいです。
120ミリって量が、ある意味よく考えられていて、大人も子供も適量です。

さて、こんなに続けてグッとくるものを頂くと、売っているお店がちょっと気になりましてきいてみました。
この2品、サイダーとコーラだけで考えると、奇をてらった感じのお店なんじゃないかって僕なんか考えてしまいますが、そうではないのです。球場の傍にある小さな商店なんです。特にどうって事も無く、気を付けていないと見落とすほどに周りになじんでしっまたお店です。でも、特別なのです。『特別』といっても豪華だったりするのとは違いますが、日常がいいもんだなって思える『特別』がきっとあのお店にはあるのだと思います。それは、並んでいる商品でもなく、建物や主人でもなく、あのお店の空気みたいなものが、はっきりとそうさせるんです。

よく晴れた日の都城に、もし居るのなら、球場の傍の商店に向かってみるのもいいですよ。
ちなみにAulicoからだと車で25分くらいです。
[PR]
by aulico | 2006-10-31 21:00 | 宮崎

サイダーのある生活

今日ランチをご一緒した友人から、地元のサイダーを帰りに頂きました。このサイダーは、今では帰りに寄った1軒の商店でのみ販売されているようです。(Aさんありがとうございます。)

d0082466_20364967.jpg

地ビールなどのように、地サイダーってあったんですね。まずラベルがいいです。変に昔風でないのが潔いのです。
じっとビンを見ていると、とっても前に見たことあるよな気がしてくるので人の記憶っておもしろいですよ。でも、思い込みにも似た、この記憶は、ビンを開けた瞬間に確信に変わりました。子供のころにおじいちゃんと飲んだことを鮮明に思い出させてくれました。
今どきにこんなにはっきりとラムネのにおいのする炭酸飲料は、そうないと思います。ちょっと前に、微炭酸なんてあったけど、キリシマサイダーの前ではどうでもよくなってしまいそうです。サイダーに微調整なんて似合わないですし、後味などを語ってしまうのも違いますね。ちょっと強めの味付けと、はっきりとしたラムネフレーバーがいいのです。そして、それがこの『キリシマサイダー』のビンに入ってることが、いいんです。それを都城で飲めることが、僕はよっぽどステキだと思うのです。
でも、やっぱり言いたくなってきちゃいました。今くらいの季節だと、気持ちぬるめの『キリシマサイダー』で後味が残って、ふわーなんてのも、ホッとしそうです。でも、来年は夏を感じたらスコールより、ジンジャーエールより、キリシマサイダーで、まずは「しゅわっ」と僕はいきたいです。
[PR]
by aulico | 2006-10-26 20:39 | 宮崎

ジンジャーエールはどうだろう。

d0082466_23103394.jpg日中は、まだ暑さがします。
おかげで、ここのハイビスカスは咲きやまないです。
それから、お店の周りの垣根は、全部キンモクセイでした。
どうりでいい匂いがするなーって思ってたんですよ。
先日気が付きました。建物にあまりに密接していたのでよく見てませんでした。

空気は乾燥してるので水分をたくさん摂っています。
サーバーの水は、夏場並みにどんどん飲んじゃいますね。
スコールもスプライトもオイシイのだけど、ジンジャーエールをこんな時飲めたら幸せです。

もし、都城でジンジャーエールをおいしく飲めるお勧めの場所は?って聞かれたら即答しますよ。「んー、月の骨です。」
ここで飲むウィルキンソンは、素晴らしいです。ビンです。
お店のメニューはもちろん、接客、全てがジンジャーエールをおいしくしてくれます。
1回くらいだったら、おいしく飲めることもあると思います。ここは、いつ行ってもおいしく頂けるんです。
とっても、込んでいても、ランチでも、ディナーでも、連日行っても。
僕は、これってスゴイと思うし、探してみると案外見つかんないものです。
だから、とっても炭酸が飲みたくて、お腹も減ったら、おすすめです。
ただ、アウリコからだと車で30分くらいかかります。
[PR]
by aulico | 2006-10-19 23:10 | 宮崎

SUN ,SUN&SUN

d0082466_19203639.jpg
晴れの日が続くといいですね。湿度が低いので色がくっきりして見えます。
僕は目が乱視なので、このくらいの湿度が視界もはっきりして調子いいみたいです。
ただ、花粉などの調子もいいみたいで、たまにくしゃみが止まんなくなります。
お店の外に、テーブルがあるんだけどそこには、お店と自宅の間で見つけた植物を浮かべています。この季節は、夏とは違っていろんな色の花があっていいですね。
太陽もここちいいです。
今日はカラッとした空気と、この花があんまり気に入ったので撮ってみました。

宮崎は湿度はまぁまぁある県だと思うのだけど、こんな日に初めて宮崎に来た人は拍子抜けするかなー。
しばらくは過ごしやすい季節が続きそうですね。


d0082466_19214293.jpg

多分、次回は洗ったばかりのシャツをお知らせ出来ると思います。
[PR]
by aulico | 2006-10-11 19:01 | 宮崎

ハッピー ウェディング!!

1年くらい前から、楽しみにしてた友人の結婚式があって昨日は、お昼にお店を閉めて宮崎市内の「la la chance」へ。
1日たったけど嬉しくって、嬉しくって、しょうがないです。
新郎新婦とは、夫婦ぐるみのお付き合いで1年くらい前から、この日に向けて準備を進める2人を見てきました。2人とも、喜ばせることと、驚かせることがとにかく大好きで、その為の仕込みは長い時間と気持ちを込めて行われました。私たちも少しだけお手伝いさせてもらっていたので何だか他人事には思えない式になりました。式の進行は、特別に奇をてらった訳でもなく、どこまでもナチュラルで、こんなにまでも等身大の式は初めてのことでした。式全体が、ピッタリと2人に寄り添ったような様子。
d0082466_13261132.jpg
特別なことなのだし、たくさんの人が集まるのだから、ちょっと居心地が悪かったり、すました感じになったり、するのじゃないかと思います。結婚式でこんな気持ちになったのは初めてでした。みんなを喜ばせて驚かせたい、それはこんなにハッピーなことです。ってとてもはっきりしている2人の姿は、忘れられません。
参加された方もきっと大多数の中の1人というより、自分自身がこの式の参加者1人1人なんだという思いがしたんじゃないかと思います。
んー、嬉しかったな。ホントこれからもステキな2人でね。

何かをつくるとき、最終の仕上がりには、バランスがとっても大切だと思います。
バランスを感じ、調整することが、ひとの手で大切にあきらめずに行われた時にだけ、行き着ける完成。それを昨日見れたように思います。もちろん、本人達がこんなことを思いながらしてたわけではないと思います。まったくの個人的な感想ですが。
[PR]
by aulico | 2006-10-09 13:30 | 宮崎

お店の場所を探したはなし。つづき

お店を探していたころのはなしつづき。いよいよ霧島にある物件の下見へ奥さんと行くことに。
この頃の季節は冬。南国とはいえ、冬はそれなりに寒いわけで、これから向かおうとする霧島はもっと寒い。その日もその辺りにはしっかり雪が残ってて、向かう車中で真冬の通勤はどうなるのだかって話した。実際、目的地までの所要時間は45分くらい。

その物件は、軒が少し出てて、(これもまたテラス風な要素があった。テラスがいつの間にか条件になってた。)古い商店のつくりで土間なんかあって、おもしろくなりそうな物件だった。ただ、山の中だからその日の天候が、晴れにも関わらず日光が半分くらいしか、当たらなかった。お昼過ぎだったのだけど軒下には、雪がしっかりと残っていた。2~3時間してからまた行ってみたけど、変わらず残雪。これだと、せっかくの軒下テラスも南国ムードが漂わないし、何より山の中が過ぎるということでここも選択肢から消えた。

でも、この辺りの夏はきっと涼しくて、快適な夏がきっとあるだろうし、魅力的な場所なんだけどなー。
今年の夏の霧島辺り。
夏の盛りには、ぜひともおすすめ。

Aulicoのこの場所と出会うのは、それから1週間も経ってなかったと思う。




d0082466_14422376.jpg

[PR]
by aulico | 2006-09-23 12:46 | 宮崎