<   2006年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧

フードペアリング

先日憶えたての単語があってフードペアリング。使いたくってしょうがなかったけど、やっとその日がやってきた。本日、お昼に「きなこもち」とコーヒーを頂いてみました。笑顔がとってもステキな近所の方からの差し入れで、出来立ての「きなこもち」を頂きました。冷めないうちにコーヒーと一緒に食べてみると、合うんですよ。フードペアリングです。きな粉もコーヒーも豆ですから。
ぜひ、フードペアリングお試し下さい。

 本日、午前中にシャツを染める前の洗いが終わった。あさってから。いよいよ染色へ。楽しみな感じなんです。うまく言えませんが、染色前の洗いを十分に終えた今回のシャツは、全体にクシャっとして、ステッチも生地にしっかりと落ち着いて。袖のプリーツは、ふっくらと盛り上がり、ボタンのくるみ布と金具のなじみも良い。狭めでやや高めのアームホールは、そのままで、身幅の縮みも少なくて、着た感じも◎。
DWさん、ありがとうございます。 
 淡色での仕上がりは、シャンブレーのような感じにもなりそうだし、今から楽しみになるシャツです。今回の分は、濃色まで染めちゃうけど、来週末くらいには仕上がりがお知らせ出来そうです。
d0082466_21422990.jpg

[PR]
by aulico | 2006-09-30 21:48 | お店のこと

遠い花のかおり

d0082466_2122133.jpgこの季節は、なんとも理由無く好きな季節です。
毎朝、ここまでは自転車に乗ってやってくるのだけど、神社の辺りであの花のにおいがした。
多分、キンモクセイだと思うのだけど。
四国に住んでいたとき、いつも行くところにはこのキンモクセイがあって、キンモクセイだとばかり思ってたら、ギンモクセイだっていう。初めて知った。だから、においだけでは、どっちのにおいだかわからないのです。ただ、遠くから届くこの香りは、どうしてだか小さい頃の通学路の映像が浮かびます。キンモクセイでもギンモクセイでもどっちでもいいけど、この少し乾いたころの冷たい空気と、このにおいは合うなあって思います。常温のぬるいギネスをグラスで飲む感じは、こんな気分です。

牛乳屋さんがスチールのカゴに牛乳入れて運ぶとこが、古いハリウッド映画なんかに出てくるけど、その時に着てる服。シャツみたいなかるーいジャケット。
オリジナルは白なんだろうけど、インディゴもなかなかいい感じでおすすめです。
ちなみに新聞配達なら、友達に付き合って何回かした事あるけど、牛乳配達はしたことないですけどね。
[PR]
by aulico | 2006-09-27 20:57 | 商品

お店の場所を探したはなし。つづき

お店を探していたころのはなしつづき。いよいよ霧島にある物件の下見へ奥さんと行くことに。
この頃の季節は冬。南国とはいえ、冬はそれなりに寒いわけで、これから向かおうとする霧島はもっと寒い。その日もその辺りにはしっかり雪が残ってて、向かう車中で真冬の通勤はどうなるのだかって話した。実際、目的地までの所要時間は45分くらい。

その物件は、軒が少し出てて、(これもまたテラス風な要素があった。テラスがいつの間にか条件になってた。)古い商店のつくりで土間なんかあって、おもしろくなりそうな物件だった。ただ、山の中だからその日の天候が、晴れにも関わらず日光が半分くらいしか、当たらなかった。お昼過ぎだったのだけど軒下には、雪がしっかりと残っていた。2~3時間してからまた行ってみたけど、変わらず残雪。これだと、せっかくの軒下テラスも南国ムードが漂わないし、何より山の中が過ぎるということでここも選択肢から消えた。

でも、この辺りの夏はきっと涼しくて、快適な夏がきっとあるだろうし、魅力的な場所なんだけどなー。
今年の夏の霧島辺り。
夏の盛りには、ぜひともおすすめ。

Aulicoのこの場所と出会うのは、それから1週間も経ってなかったと思う。




d0082466_14422376.jpg

[PR]
by aulico | 2006-09-23 12:46 | 宮崎

お店の場所を探したはなし。

d0082466_21211553.jpg

お店開けるときの場所を探してる頃のはなし。
最初は、ここじゃなくて違う場所が借りられそうだった。
駅の近くの商店街の、建物。広さは10坪ぐらいで、ここと同じく幌つきテラスがあった。
その時は十分な広さだなんて考えてたから、思い込みとは怖いもの。
僕の中だけでは盛り上がって、僕の奥さんと早速「ここ、ここ」なんて見に行ったりした。
気持ち十分でいたんだけど、大家さんと詳細な話が進むなんてこともなく終わった。
それからは、物件を見に行くことが続くんだけど。
喫茶店、コンビニ、豆腐屋、だった所にいくつも見に行った。(そのとき、お世話になった方、ホント感謝しています。ありがとうございます。)
気が付いたら、お店の候補地に、この写真の山「霧島」の辺りが含まれてきて、たいへん。
温泉やら、別荘地なんかが近いようなとこだから、距離もここからだと結構ある。
いよいよ、奥さんと実際の下見をすることになるのだけど・・・・
もちろん、この時はまだここAulicoとは出会っていない。


続きは今度。
[PR]
by aulico | 2006-09-22 22:25 | 宮崎

………

お店の前に置いてあったり、水を入れたりしてるコンテナは以前にもここで取り上げたのだけど、先日地元の工場からの見積もりをお願いされた。用途は私たちと同じ、洗浄のために液体を入れて、更に蓋をしっかりして使いたいとのこと。ずっと探されていたらしく、とても嬉しそうに何度も蓋を閉めたり、開けたりされていたのが、印象的だった。
プロユースでのお話は珍しいことで、とても嬉しかった。
100Lを超える容器で、材質がポリエチレン製で、蓋までしっかりしているものを探すとこれが、なかなか多くは見付からない。まして、色を選ぶことなどは更に厳しい。通常のプラスチックの容器だと、毎日使うと5年が限度。材質が変質して、ビスケットやクッキーみたいにボロボロとなってしまう。5年使えば十分だという人もいるだろう。せっかく、時間をかけて道具を使うのなら、気持ちのいいものと、少しでも長く気持ちよく付きあっていきたいと、僕は思う。

今日は、ドット……ドットを果てしなく手で染めた(厳密には色を抜く)ので、それを紹介しようと思っていた。それが、このシャツ。女の子が着てもいいと思うけど、見つけたときは試しに着てみて下さい。
d0082466_2115566.jpg

[PR]
by aulico | 2006-09-20 21:07 | 商品

MINT BALLS

d0082466_0232573.jpg今日は、朝から天気が良くて文句なしの快晴。連休明けだったからどうかは、分らないけど10号線はいつもより車が多かったように思う。

また、1缶増えた。定期的にこの「UNCLE JOE」はやって来て、ここに並ぶ。いつからかは、はっきりとは覚えてないけど、僕の奥さんは、ミントの味のものにとっても反応するようになった。そのせいで、僕までミントの物を見ると気になってしょうがなくなってしまった。
でも、この「UNCLE JOE」は、特別に素晴らしいと思う。包み紙のセロファンに、このジョーおじさんが印刷されててなんともいい。味は、控えめなミント味で、懐かしいような気分にさせてくれる。結局は、この缶がいいのであって、UNCLE JOEさんが作ったのかどうかはあんまり重要なことではないみたい。
[PR]
by aulico | 2006-09-19 23:02

台風のあとに

昨日のことは、少しも感じさせない天気だったので窓を全開にした。気持ちのいい1日だった。
特に台風の被害もなくほっとした。
こんな日がしばらく続いてくれますように。
d0082466_21104756.jpg
ちょっと前に、柿渋で靴をいくつか染めてみた。そのうちの1足がこれ。もともとの素材はコットンなのだけど、3ヶ月以上を過ぎた今は、革のような感じに。実は、使ったこの染料は8年ほど前に京都に行った際に求めたもの。柿渋を専門に取り扱うお店で、分けて頂いた。その時に10年以上経ったものを選んだ。多分これは今から20年くらい前に収穫された柿から作られたものだろう。これを何で今まで僕が寝かせておいたのかと考えると、たいした理由はない。そんなにたくさん見たわけではないが、自分が見た柿渋には、これと似たものさえ無かったから、なんとなくこれは特別な染料な感じがして。
ただ3ヶ月くらい前までじっとしまってあった。
3ヶ月前のとても晴れた気持ちのいい日に、真っ白で25年前にイギリスで製造されたスニーカーを染めた。気持ちがいいほどよく染まった。
そして、いまこうして見て、染めてほんとに良かったと思う。
[PR]
by aulico | 2006-09-18 21:11 | 商品

typhoon

d0082466_1493049.jpg
台風は考えているよりも、力強く宮崎を通過しそう。だんだんと雨、風と強くなっており、急いで片付けをすることに。
幌の全体で風を受けると、このまま飛ぶんじゃないかと思う程に幌のシートが、膨らんで見える。
このまま、お店から様子を見守りたいと思う。
あっという間に、駐車場は水たまりでいっぱいになった。
まだまだ、これからひどくなるかもしれないけど、みんなもこんな日は外へはあんまり出ないほうがいいですよ。
[PR]
by aulico | 2006-09-17 14:10

楽しみのタイミング

d0082466_2118293.jpg台風もここ宮崎へまっすぐは来ないみたいで看板やら何やらの心配をしなくてよさそう。
何より、お店の前にある幌(建物とほとんど同じ大きさ)と台風との相性がとても良さそうだから、
幌は今夜にでも片付けて帰ろうかと思ってた。
今回は、大丈夫みたいだから、ひとまず安心。

今日は、夕方になってから台風も来ないと分ってたので、奥さんに留守番を頼んで前から気になってたところに行くことに。そこは、都城市内の住宅街にあって、夕方5時に閉店するカフェ。
営業時間がとってもタイトで、場所も住宅街そのものにあるので道路というより路地。
オーナーの自宅横のガレージを改装して作られたカフェ。到着するとエントランスには先客の方が2人いらして、今日は4時までだと聞こえてくる。4時ちょっと過ぎ。また、改めて行くことに。
今度行った時は、ここのlife burgerというのを食べてみよっと。
ベーコン、レタス、アボカド、トマト、チーズ、ハンバーグ、って組合せ。
他の所とも考えてみたけど、まっすぐお店に戻ることにした。
[PR]
by aulico | 2006-09-16 21:28 | 宮崎

ドアな鏡

d0082466_12204331.jpg
いよいよ台風が九州へ向かっているみたいで、嵐の前の静けさとでもいった感じにおとなしい日だった。それと直接関係があるのかは分らないけど、今朝お店のポストに15cmくらいの大きいバッタがいた。色も草が枯れた色をしてて、緑の場所から来たバッタではないみたい。きっと、嵐が来る前に、とでも考えたのかな。

このお店を作る時に入れたミラーがこれ。ミラーそのものは、近所の背広屋さんでずっと使っていた古いもの。
大切に使ってあったことをはっきりと感じられる鏡。フレームがなかったのでフレームをつけることにした。
仕上がりのサイズが100×190の大きなサイズだったので、近所の製材屋さんにお願いすることに。
サイズは思ったとおりだったけど、重さが思った以上にあったのと割れ物なので2トンのトラックで運んでもらった。
まったく、鏡1枚が、おおげさなことになった。(あの時にご協力して頂いた製材所のスタッフの皆さま、本当にありがとうございます。)
それから、塗装を自分でしたこともより強く忘れられないものにした。
出来上がるのに1ヶ月以上かけて、出来たのがこれ。お店のスペースに対しては少し大きく見えるせいか、ドアみたいだとよく言われる。(こうやって見ると普通のサイズなんだけど。)
重量感はあるから、納屋とか小屋のドアなら似合うかも。
[PR]
by aulico | 2006-09-15 12:22 | お店のこと